~プクリポいわちょのドラクエ10日記~

ドラクエ大好きプクリポいわちょのドラクエ10ブログです! ブログ初挑戦ですがよろしくお願いしマス<(_ _)>
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013年08月20日 (火) | 編集 |
Ver1.5にもなり、レベル70~75のレベル上げに使われるようになったことで、てなづけイーターの方法が細かい部分で変わってきたようです
もちろん、基本的な部分は変わりませんがw

ガルゴル改訂版のときと同じように、変更点等を赤字で加筆修正していきますね

さあ、行ってみよー!
DQ5で初登場したレッドイーター、ブルーイーター

体が赤いほうがブルーイーター、青いほうがレッドイーターです
ややこしい…

守備力は低いですが攻撃力が非常に高く、しかも仲間呼びでどんどん増えるので、これで全滅した経験がある方は全国数十万人規模でいるはずですねw

イーター
©SQUARE ENIX

こんな編成で出てくると泣きたくなりますw

この画像はPS2版ですが、SFC版ではこちらのPTが3人なので、もっと危険でしたね…

DQ10でもその強さは健在で、しっかり準備していかないと全滅もありえます

そのかわりに、しっかり倒せるとかなりおいしいレベル上げができます!


出現場所は

・狩人のほら穴
主流はこちらです
入り江の集落から南に少し行ったところにあるのでアクセスも良好ですね
時間帯によっては激混みなので、ご注意を

・ザグバン丘陵
こちらに行きたいという方もたまにいるようです
穴場狙いでしょうかね
出現範囲が点在しており(南北中央に3つある大クレーターの部分です)、もし1ヵ所で枯れてしまった場合、移動に時間を取られるというリスクもあります

の2ヵ所です

現在ではザグバンも増えてきたようです
というのも、狩人のほら穴は「乱獲イーター」が盛んに行われていることもあり、てなづけの場合は避けたがる人がいるためです
ただし、上にも書いていますが、ザグバンだと枯れた時に大幅な時間ロスとなるので、どのクレーターで狩るかを慎重に決めた方がいいかもしれませんね



次に、イーター狩りの大まかな流れについて説明しますと、

①レンジャーがサバイバルスキル22ポイントで覚える「てなづける」という技でブルーイーターAを魅了します(注意:レッドイーターは魅了しても仲間を呼びません)

②するとそのブルーイーターAはどんどんイーターを呼びます

③呼ばれて出てきたイーターを攻撃役が倒します(ブルーイーターAに攻撃すると魅了がとけてしまうので、そいつだけは残しておく)

④時間があるときに回復できる人は回復

⑤時間がたつとブルーイーターAの魅了が切れるので①に戻る

⑥ブルーイーターもレッドイーターもLまででてきたら打ち止めなので、倒して戦闘終了!

⑦一戦10分ちょい程度です。もし元気玉使っている場合は元気タイム残り2分ぐらいでいったん切り上げて次の一戦に向かう

⑧経験値ウマー!ヽ(^o^)ノ

おおまかにはこんな感じです

最近では「片方L切り」などといい、片方がLまで出たら倒してしまって次の戦いに、というのも多いです
片方がLまで出たら仲間を呼ぶスピードが若干落ちるためです
残り時間との兼ね合いで延長する場合もあります



気を付けるべき点はまだまだあります

まずHP
パッシブでHP+100ぐらいは全員取っておきたいところです

他のパラメータは職業によって異なるので、そのあたりのことも含めつつ、各職業の役回り、立ち回りについて見ていきましょう

(1)レンジャー

「てなづける」でブルーイーターAを魅了する役です
てなづけの成功確率はきようさに依存するので、きようさは高ければ高いほうがいいです
300以上推奨350以上なら満足…ぐらいでしょうか

レベル70前後以降ともなると400程度ある人も多くなってきました
300だと低め、という風に思われるかもしれませんね


ブルーイーターAをてなづけつつ、壁際に押していきましょう
敵をあまり動かせないようにするためです
これ、意外に重要で、これをしない場合、敵が動き回りまくるので壁も難しくなりますし、敵に引っかかって奥の敵に攻撃できないこともあります

あと、PTに賢者やスパスタがいない場合は、回復魔力にも気を使っておきましょう
スティックは装備できないのでそこまでの数値は望めませんが、200程度は欲しいところです

賢者がいない場合は蘇生できるのはレンジャーだけです
もし戦いが崩れて死者が出たら最優先で蘇生しましょう

てなづけや回復が不要なタイミングではオノやばくれつけんなどで攻撃しましょう
スパ入りの場合はよっぽどピンチの時以外は回復よりも攻撃優先です

必殺技がチャージされたら、暇なタイミングで発動しましょう
必殺チャージが黄色文字になってしまった場合は必殺発動を優先してもいいかもしれませんが、基本はてなづけや回復の方が優先度高いです


(2)魔法戦士

もはや魔法戦士も必須になりましたね
PTのMP管理&PT強化役です
「MPパサー」は必須ですね
杖スキルのMP+100魔法戦士の証も欲しいところです

ツメへのバイキルトを最優先に考えます
スパor賢者入りPTの場合はレンジャーにもバイキルト
あとはピオリム2回がけ
これらの補助呪文は切らすことの無いように細心の注意を払いましょう
アイコンが点滅しだしてから13秒たつと切れてしまうので、点滅を見つけ次第即座に延長します
画面右のアイコン部分はいつも目の端に入れておきたいところです
ピオリムの延長は普通にピオリムですが、バイキルトの延長はバイシオンで行いましょう(バイシオンの方が詠唱が早い&MP消費が少ない)
レンジャーの必殺が発動されたら、放っておくとバイキルトがみんな同時に切れてしまうことになるので、ツメなどにバイシオンをかけて、タイミングをずらしておきましょう
その際、ピオリムともずらすように気を付けます

これらが一段落している間は、MPが減っている人にパサーしつつ、ブルーイーターA以外の敵を杖で殴ってMP回復しましょう
杖はMP吸収率が高いものを選ぶとより良いですね
ブルーイーターAしかいない場合はマホトラで吸収します

必殺がチャージされたときは、切れそうな補助呪文をかけ、パサーでなるべくMPを分けてから発動しましょう
必殺発動中に補助呪文やツメのMPが切れる事態だけは避けたい所です


(3)ツメ(武闘家、盗賊)

主要攻撃役です
Ver1.4アプデでのツメ弱体化により、攻撃力のハードルが上がってしまいましたね(それでも攻撃役としてはまだまだ十分強いんですけどね)
ツメ2入りPTなら250程度(片方が高いなら、もう片方は低めでもOK)、スパ入りPTなら270程度欲しいです

最近はツメ2入りPTというのはほとんど見かけません
270ぐらいは割と簡単に達成できるので、ツメ2入りにする必要がないということです
それならスパ入れて経験値アップさせた方が、となるわけですね
というか、レベル70付近だと270でも低めと思われるかもしれませんw


敵が複数出た場合、(微妙なところですが)最初バイキルトのかかっていない状態で下手に攻撃して怒りを買うよりも、おたけびで行動を封じた方がいいかもしれません
バイキルトをもらったあとは、タイガークローでブルーイーターA以外を倒しましょう

レンジャーがブルーイーターAのてなづけに手こずっている間などに他のイーターを倒したりすると、ブルーイーターAが怒ります(魅了されている間は怒りません)
その時は他の人に壁になってもらい、後ろに下がりましょう
怒り状態で繰り出してくる「とびかかり」は、結構ダメージがきつい上リーチが長いので、気を付けましょう

ブルーイーターA以外が怒ることも結構あるのですが、そのときはさっさと倒してしまうことを優先した方がいい場合が多いです

ツメは怒りを買うことが多いので、どうしてもある程度は食らってしまいます
守備力270あたりは欲しいところです

倒すべき敵がいない間は、レンジャーがてなづけるで忙しくてPTが傷ついているなら回復です
武闘家なら「めいそう」で自己回復できますね
盗賊の場合や、てなづけに手こずっているレンジャーを回復する際は、上薬草やアモールの水などのアイテムで回復しましょう
基本的には自分よりもレンジャーの回復を優先してください

ダメージをそこまで受けていない状態なら武闘家は「ためる」を使ってテンションを上げておきましょう
SHT状態はあまり長く維持できない(すぐに点滅し始めてテンション0に戻ってしまう)ので、テンション50で止めておきましょう
ブルーイーターAが仲間呼びの動作をし始めた時に一回ためてSHTを狙うのはいいかもしれませんね

盗賊はこの間することがないので、小ビンなどでMP回復してあげると喜ばれるかもしれません

武闘家の必殺はPTが崩れていてきつそうなときだけ使いましょう
盗賊の必殺は使うタイミングありません。不要です

あと、地味ですが、盗賊はキアリーを覚えているので、毒を食らったら暇なときに使うのもいいかもしれません


(4)スーパースター

レンジャー、魔戦、ツメ、スパスタ、の構成です

現在はこの構成が一番主流です

ベストスマイル兼回復役ですね
PTが崩れている場合を除いて、基本的には出てきた敵すべてにベストスマイルを使いましょう

ベストスマイルの次に優先するのはPTのHP回復です
スパスタ入りの場合、レンジャーには(てなづけ時以外は)攻撃に専念してもらわないといけないので、回復はスパスタが一手に引き受けるぐらいのつもりでいた方がいいと思います
回復魔力300ぐらい欲しいですね

余裕のあるときには、ひたすら敵をスティックで叩いてMP回復しましょう

スティックには「MP消費しない率」か「MP吸収率」を付けておきましょう
マポレーナステッキだと最初から悪魔系のMP吸収率+2%がついてるのでオススメですよ

デビルンチャームは重要度高くありません
もしやるなら、てなづけるが失敗した直後にやりましょう(デビルンチャームはダメージがあるため、タイミングが悪いと、てなづけるで魅了状態になってもデビルンチャームで解除してしまいうるんですね)

必殺は不要です


(5)賢者

レンジャー、魔戦、ツメ、賢者、の構成です

回復役兼魔導の書役ですね

魔導の書というのは、敵を状態異常にかかりやすくする特技です
ブルーイーターAに魔導の書をかければ、レンジャーのてなづけが効きやすくなります

魔導の書が入ったら、しんぴのさとりの後、回復や攻撃をしましょう

しんぴのさとりはMP12も消費する上、効果時間が短いので、無理に2回がけを維持する必要はないと思います

攻撃に関しては、MPが潤沢なら呪文でもいいですが、きつくなってきたら殴ってMP回復しましょう

必殺はMP回復ができるので、暇があるときに使いましょう




ふー。

だいたいこれぐらいでしょうか


レンジャー、魔戦、ツメ、まではほぼ固定で、残りの1人を、ツメにするか、スパスタにするか、賢者にするか、というような感じですね

経験値についてですが、元気玉で12~14万(スパ入りなら+2~3万)ぐらいだと思います
スパ入りはツメの必要攻撃力がきつい分、経験値が多めですね


さて、あまり流行ってはいないかもしれませんが、知る人ぞ知る(?)バトマス入りてなづけイーターのことを紹介しておきます!

(6)バトルマスター

一般的な構成は、バトマス、バトマス、レンジャー、スパスタです

バトマスは「すてみ」でバイキルト状態になれるのと、通常攻撃でいいのでMPがあまり必要ではないのとで、魔戦の必要性がなくなります
バトマスは片手剣がやはり多いです
右手ははやぶさが主流です(レベル70程度なら攻撃力290~300前後が目安でしょうか)
左手は強い剣でも会心はやぶさでも割となんでもいいと思います

バトマスはすてみをしてひたすら通常攻撃ですが、すてみで守備力が下がっているので、怒られたらもう片方のバトマスに壁を任せて下がりましょう
その場合、無心攻撃なら離れていても攻撃できます

すてみが切れそうになったとき、重ねがけで延長してしまうと守備力が2段階下がってしまうので、すてみが完全に切れてからかけなおした方がいいかもしれません

片手剣バトマスには他に乱獲や地獄などもありますが、それよりも玉給はいいと思います
乱獲や地獄にもメリットはあるので、その記事についてもいずれw




…やっぱり長くなりましたねw


ミスとか何か気づいた方はコメント残していただけると幸いです

また、疑問等がある方もコメントくだされば、知っている範囲でお答えしようと思っています

ではでは!
ランキングをクリックして頂けるとこのブログの順位が上がってやる気がアップしますw
頑張って書いたのでいつも以上に喜びますw
よろしければ応援ぽちっと!

ドラゴンクエストX ブログランキングへ
テーマ:ドラゴンクエストⅩ
ジャンル:ゲーム
コメント
この記事へのコメント
こないだ、イーターを一緒にやらせて頂きました。こんなに詳細なブログを書くなんて、すごいですねー!
自分には到底ムリです。。また一緒にやる機会を楽しみにしてます!
2013/09/02(Mon) 17:31 | URL  | なおのすけ #-[ 編集]
Re: タイトルなし
コメントありがとうございます~

この記事の元となる記事のとき、一気に書き上げてとても疲れた記憶がありますw
ですが、こういう記事は結構需要が高いようなので、これからも頑張って書きますw

また機会あればぜひぜひよろしくお願いします!
2013/09/03(Tue) 00:57 | URL  | いわちょ(Iwacho) #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。