~プクリポいわちょのドラクエ10日記~

ドラクエ大好きプクリポいわちょのドラクエ10ブログです! ブログ初挑戦ですがよろしくお願いしマス<(_ _)>
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013年02月26日 (火) | 編集 |
迷宮でガニラスの痛恨によりもののみごとに全滅しました、いわちょです

ガルゴル狩りについての記事は1ヶ月ほど前の2013/01/28にかなり詳しく書いたのですが、そこからも僕自身かなりガルゴルに通いまして、いろいろわかってきたことがあるので、元の記事をそのままコピペしてここに貼って、変更部分を赤で強調していくことにします

なので、前の記事はこの記事により完全にカバーされます

前の記事を読んでいない方でも心配なくお読みください

逆に「前長いの読んだわ!また読ませる気か!」という方は赤字のみ追っていただければとw

ではでは、どうぞ!

ガルバ、ゴルバ(およびその上位種であるレッドイーター、ブルーイーター)は

守備は低いが攻撃が異常に高い

仲間呼びでどんどん増える

見た目と動きがきもい!

などの特徴を持ち、初登場のDQ5(1992,SFC)では、楽に倒せるぐらいこちらが強くなっている場合を除き、敬遠されがちなモンスターでした

きもい上に攻撃力が異常に高く、しかも増えるので、ちょっとしたミスでPT全滅もありうるからです


DQ5以来長らく沈黙を保っていたモンスターですが、今回DQ10で久しぶりに登場しました(しかも最上位種のグリンバングル、イエロバングルという新モンスターまでひっさげてw)


DQ10でもそのきもさと強さは健在で、狩りの対象とするにはしっかりとした準備が必要です

そのかわり、強さに見合った経験値を得られます!


さて、ここからどんどん具体的な話になりますよ~

まずは出現場所ですが

浜辺の洞くつ(レーンの村近く)
レーンの村の石を持っておけば、近いので楽です。現在の主流がここですね。ただしピークタイム時には激混みで重くなります

永遠の地下迷宮(ヴェリナード北)
構造が複雑で、余計な敵もいます。ヴェリナードから行けるので石がいらないのが利点

最果ての地下遺跡(ボロヌス溶岩流から)
最寄りの石はゴブル砂漠西の商人のテント。ここからでも結構遠いですが、その分すいており、ガルバを探しやすいです

と、3カ所ありますが、どれも一長一短ですね。基本はレーンだと思いますが、お好みでお願いします

追記!基本はレーンと書きましたが、最果てがかなり増えてきた印象です。レーンは村から近いので非常に楽ですが、やはり重いのがつらいということですね。ただ、増えてきたということは最果てもそこそこ混んでるということになりますw また、少なくとも元気玉1個分ぐらいは宿無しで戦えるPTじゃないとわざわざ最果てを選ぶ意味はありません。遠いし宿もないので…。さらに、たまに永遠の地下迷宮に行くこともありますが、強ボスが出現するダンジョンなので、MP吸収のためにガルゴルの隣にいるベホイムスライムを使われていることが多いです。ひどい時にはガルゴルですら使われていることがあります。特に番号が若いサーバーほどその傾向が強いので、オススメしません。


次に、ガルゴル狩りの大まかな流れについて説明しますと、

①レンジャーがサバイバルスキル22ポイントで覚える「てなづける」という技でガルバAを魅了します(注意:ゴルバは魅了しても仲間を呼びません)

②するとそのガルバAはどんどん仲間(ガルバやゴルバ)を呼びます

③攻撃役が呼ばれて出てきた仲間を倒します(ガルバAに攻撃すると魅了がとけてしまうので、そいつだけは残しておく)

④回復役は随時回復、暇ができれば小ビンでMP回復もしくは攻撃

⑤レンジャーがてなづけるにてこずっている間など、暇なときに小ビンで各自MP回復

⑥時間がたつとガルバAの魅了が切れるので①に戻る

⑦ガルバもゴルバもLまででてきたら打ち止めなので、倒して戦闘終了!

⑧経験値ウマー!



おおまかにはこんな感じだと思います

元気玉を使うなら、元気タイムが残り2~3分になったらその戦闘を終わらせて次のガルバを探しましょう
戦闘中に元気が切れても、その戦闘の分までは有効です




PTの職業やレベル、能力値などによって細かい内容は変わってきますので、そのあたりについて詳しく書きます


まず前提として、基本的には全員「MP消費しない率」が高めなのが望ましいです

これが低いと、MP消費が増え、MPの工面に苦労するので、攻撃に回す時間が減り、殲滅速度が下がります
いいことありません

高ければ高いほどいいですが、推奨は10%程度以上でしょうか
中級+3成功で12%ですが、これぐらいならかなりバザーで出回っています
皮の手袋やくさりのあみごてならそんなに高くもないですね

追記!書くのを忘れていましたが、HPも高いほうがいいです。敵の攻撃が強いので、HPが低いと、連続で攻撃をくらったときなど、非常に死にやすいです。きあい、ゆうかん、はくあい、フォースのパッシブにHP+があるので、とってください。最低でもHP+60~70、標準はHP+100以上です

次に各職業の役回り、立ち回りについてみていきます

(1)レンジャー

てなづけるがないと魅了できません
ガルゴル狩りには必須です

てなづけるの成功確率はきようさに依存するので、きようさが高いほうがいいです
推奨は250程度以上300あれば大満足
仮面は必須アクセですね

200程度だとなかなかてなづけられず時間がかかることが多くなります

てなづけるが成功しガルバAを魅了したあとは、PTが傷ついている場合はベホイミで回復、MPが減っている場合は小ビン、どちらも大丈夫そうならガルバAに呼ばれて出てきた敵を攻撃です
4匹ほど仲間を呼ぶと魅了が切れるので、また魅了しましょう

攻撃は、ふぶきのオノ(もちろんオノスキルが高いほうがいい)で通常攻撃か、オノスキルがないなら格闘のばくれつけんです

ふぶきのオノ装備のレンジャーは、例外として消費しない率よりきようさが高い腕装備を装備した方がいいかもしれません(MPをあまり使わないので消費しない率のメリットが小さく、それならてなづけ効率をあげるためにきようさを上げた方がいいということです)

素手でばくれつけんを使う場合は消費MPがかさむので通常通り消費しない率を装備し、こまめに小ビンで回復しましょう

必殺技は「PT全員にバイシオンとスクルトをかけ、HPとMPを徐々に回復」というもので、あったら小ビンの消費も減り、かなり便利です。
なくてもできないということはありませんが、レベル45以上なのに必殺がないのはさすがに反感を買うかもしれませんし、なにより自分自身も楽になるので、45になった段階で早急に必殺を取りに行きましょう


(2)攻撃役

ツメ装備の盗賊や武闘家が担当します
タイガークローがかなり優秀なので、それ以外の武器では攻撃の主役にはなれません

攻撃高め(180~)、MP多め(100~)なのが望ましいです
追記!今や攻撃力180は高めと言えるほどではなくなってきました。もちろんこれより高いほど楽です。ツメはガルゴル行くときに足りないことが多いので、180でもすぐ誘ってもらえるとは思いますが…。バトマスのパッシブで力が強化されると、気軽に攻撃力250ぐらいのタイガーも増えてくるかもしれませんね。Ver1.3でガルゴル(や、その上位種イーター)がつぶされていなければの話ですが…

一番MPを使うので、消費しない率がかなり重要です

基本は、魅了しているガルバ以外にタイガークロー、レンジャーがてなづけるに手こずってる間に、盗賊ならピオリム→小ビン、武闘家なら小ビン→ためる、です

盗賊はピオリムアイコンが点滅し始めた時には優先的にピオリムやった方がいいかもしれません(場合にもよりますが…)

追記!この説明は魔法戦士がいない場合についてであることを強調しておきます。現状では魔法戦士がほぼ必須になっているので、こちらを参考に。魔法戦士がいる場合、小ビンがほぼ不要になる上、基本的にはピオリムも魔法戦士の仕事になるので、特に盗賊はかなり暇が増えます。盗賊は、何気にキアリーを覚えているので(忘れている人多いw)、毒にかかった人がいれば空いてる時間に治してあげましょう。武闘家もガルバAしかいないときは小ビンを使わずすぐにためられるので積極的にためていきましょう。ただし、レンジャーがまだてなづけられていない間にスーパーハイテンション(SHT)になってしまうと、仲間を呼ぶまでにSHTが切れてしまうことがよくあるので、てなづけられていない間はテンション50までで止めておくのがいいかもしれません。てなづけた瞬間にためてSHTになりましょう!
また、魔法戦士の有無に関わらずですが、ツメは主要攻撃役なのでよく怒りを買います。ガルバA以外に怒られたらタイガーでさっさと倒しましょう。ガルバAに怒られたら後ろに下がって前の人を壁にしましょう。武闘家などは特にですが、守備が低めなので、怒り状態のとびかかりを食らうと結構なダメージになります。要注意です


武闘家の必殺技は不要です
盗賊の必殺技を使う場合はガルバAは避けましょう
追記!盗賊も必殺技は不要でした!ガルバA以外の敵がいるならタイガーが優先ですので、必殺技を使う場面はありません。もし必殺技使ったとしてもアイテムしょぼいですしw

魔法使い→覚醒ヒャダルコマリン狩りやバザックス行ってください
戦士→一応参加できなくはないですが、ツメに比べると効率は落ちます。ギガスラグール狩りやオノPTの方がおすすめです


(3)HP回復役

これは旅芸人が担当することが多いです
最近ではスーパースターが担当することもありますが、それについては後述します
追記!最近は旅芸人あまり見かけません。スーパースター一択になりつつあります。レンジャーや魔法戦士ほど必須ではないので、個人的には旅芸人でもいいと思うのですが、少しでも効率を上げたいのかスパスタが人気です。旅芸人だと野良で誘われることは少ないかもしれません…。スパスタでガルゴル希望出してる人が多いので、余計ですよね…。

パラディン→一応行けなくはないですが、槍PTでけもの狩り行くのがおすすめです
追記!パラディン普通に行けます!しかし、上記のようにスパスタ一番人気の現状では行きにくいのも事実です。僕は幸いにもフレンドさんによくガルゴル誘ってもらえてまして、パラディンも結構ガルゴルで上げることができています。基本はレンツメパラ魔戦PTで、パラディンの立ち回りはばくれつけんで攻撃、ベホイミで回復、暇なときにPTにスカラをかけ(よく怒られるツメや、てなづける中攻撃されることが多いレンジャーに優先的にかける)、MPきつくなってきたらスティックに持ち替えてMP回復(魔戦で十分MP足りてるなら不要)です

僧侶→槍PTとかバザックスについていくとか棍PTでゾンビ狩りとかいっぱいあります


旅芸人の場合について書きます

旅芸人の仕事は、ベホイミでHP回復、小ビンでMP回復、攻撃役の盗賊や武闘家にバイシオン2回がけ、です
なかなか優先順位をつけるのが難しいですが、バイシオンアイコンが点滅し始めると13秒で効果が消えてしまうので、(PTのHPがやばいとき以外は)点滅に気付いた瞬間にバイシオンを1回かけて更新すべきです

また、途中で攻撃役片方にバイシオンをかけて、タイミングをずらすことで、「バイシオン点滅2人同時にきて回復が間に合わず全滅」というリスクを減らすことができます

また、PTに攻撃役が一人しかいないなら、レンジャーにもバイシオンをかけましょう

暇があれば棍の氷結らんげきなどで攻撃したいですが、あまり暇はないと思います
戦闘中忙しい代わりに、武器はなんでもよく(オススメは棍ですが、メリットはそこまで大きくないので)、だれでも参加できます
しいて言うなら回復魔力は高いほうがいいことぐらいでしょうか

追記!これも魔法戦士がいない場合の話です。魔法戦士がいる場合はバイキルトしてくれるのでバイシオンを使うべきかどうかは魔法戦士と相談した方がいいかもしれません(僕は魔法戦士のとき、バイキルトやピオリムは自分でタイミングを決めて唱えてるので、旅芸人や盗賊にずらされたくないんです。ただ、バイシオンで手伝ってくれよと考える魔法戦士も結構いそうなので、どちらがいいかは人によります)。また、小ビンは不要になるので、ベホイミ以外に積極的に攻撃に転じることになります。ばくれつけんや棍の氷結らんげきなどでしょうか。副攻撃役になりますので、バイシやバイキは旅にもかけておきたいですね

さて、以上が大まかな各職業の説明ですが、

やはり、細かくはPT編成によって変わるので、いくつか具体例を出して説明していきます

追記!注意!魔法戦士無しのPTなので、現在はほとんど野良ではこの構成はありません。チームやフレンドで行きたい人がどうしても魔法戦士がいない状況でしか使わないと思います

ex1 レンジャー、ツメ、ツメ、旅芸人

オーソドックスなPTです

レンジャー→てなづけるでガルバA魅了、回復、小ビン、暇があれば攻撃
ツメ→ガルバA以外にひたすらタイガークロー、暇があれば小ビン
旅芸人→ツメ2人にバイシオン2回がけ、回復、暇があれば小ビン

ex2 レンジャー、ツメ、戦士、旅芸人

戦士をいれるならこれかな

レンジャー→てなづけるでガルバA魅了、回復、小ビン、暇があれば攻撃
ツメ→ガルバA以外にひたすらタイガークロー、暇があれば小ビン
戦士→ふぶきのオノ(なければばくれつけん)で攻撃、暇があれば小ビン
旅芸人→ツメと戦士にバイシオン2回がけ、回復、暇があれば小ビン

ex3 レンジャー、ツメ、ツメ、パラディン

パラディンいれるならこれかな

レンジャー→てなづけるでガルバA魅了、回復、小ビン、暇があれば攻撃
ツメ→ガルバA以外にひたすらタイガークロー、暇があれば小ビン
パラディン→回復、小ビン、暇があれば攻撃

ex4 レンジャー、レンジャー、ツメ、旅芸人

レンジャーのきようさが低いときなど

レンジャー→2人がかりでてなづけるでガルバA魅了、片方は回復、小ビン、もう片方は攻撃
ツメ→ガルバA以外にひたすらタイガークロー、暇があれば小ビン
旅芸人→ツメとレンジャー1人にバイシオン2回がけ、回復、暇があれば小ビン

ex5 レンジャー、レンジャー、ツメ、ツメ

レンジャーのきようさが低いときなど(その2)

レンジャー→2人がかりでてなづけるでガルバA魅了、片方は回復、小ビン、もう片方は攻撃
ツメ→ガルバA以外にひたすらタイガークロー、暇があれば小ビン

ex6 レンジャー4人

これが流行るとほかの職業にとってはレンジャー不足になるのできついですが、一応これでもいけます

てなづけ優先2人、回復優先1人、攻撃優先1人などにすればいけますね
場合によって、回復を増やしたり、攻撃に集中したり、柔軟に対応できます




…さて。

ここまではVer1.1のときから流行っていた方法を紹介してきました

ここからはVer1.2で新たに加わった魔法戦士、スーパースターがPTにいる場合の方法について紹介します



まずは役回り、立ち回りについてです

(4)スーパースター

スーパースターの役目は回復兼ベストスマイルです

ベストスマイルというのは、オーラスキル82ポイントで覚える「敵1体の経験値を約1.2倍にする」という技で、消費MPは12です
ちなみに敵1体に重ねがけても意味がありません


出来る限りすべての敵に使っていきたいので、MPの確保は大変です

叩いてMP吸収する意味でも、回復役として回復魔力を上げる意味でも、スティックをおすすめします
スティックの錬金効果は、MP吸収率10%以上もしくはMP消費しない率12%以上(腕と合わせて24%程度)推奨です
追記!ガルゴルは悪魔系なので、マポレーナステッキは悪魔系吸収率が+2%が有効です。スティックスキルは最低でも3Pの吸収率+2%を、欲を言えば57Pの吸収率+2%まで取っておくと、だいぶ楽になります


PT編成にもよりますが、基本は
呼ばれて出てきた敵にベストスマイル、HP回復、ガルバA以外を叩いてMP吸収、の順です
追記!PTのツメの攻撃力が高い場合、ベストスマイルをしたあと叩く前に、ツメによって敵が倒されてしまうことが多いので、叩かないとMPがきつくなる場合などはツメに「タイガー2発目をちょっと遅らせてください」と言ってみてください

MPがきつい場合は小ビン使いましょう
追記!これも今見ると微妙ですね。ベストスマイルを2~3匹お休みして、スティックで叩く方が楽にMP回復できますね

またデビルンチャーム(悪魔系を魅了できる)についてですが、ダメージも与えるので、下手なタイミングでやると、てなづけるで魅了成功した直後に魅了解除してしまう場合があります。
やるとしたら、てなづけるが失敗した直後を見計らいましょう

必殺は不要です


そしてラスト

(5)魔法戦士

魔法戦士の役割は、バイキルト、ピオリム、そしてなんといってもPTのMP管理です

このMP管理次第で、Ver1.1までのガルゴルを大きく変える可能性を秘めています
活かすも殺すも魔法戦士のスペック次第です

活かすために、フォーススキル68のMPパサーを覚え(必須)、吸収率が高い杖(吸収10%程度)を装備し(ほぼ必須)、杖スキル84のMP+100を取っておきましょう(強く推奨)


魔法使いを育てていて魔力覚醒を取っている人は、一時的に杖に振り直しをするか、MP+100をあきらめてガルゴルやるか、ばくれつけん使いとして攻撃役でやるか、ガルゴルをあきらめるか、のどれかになります
ガルゴル10時間程度で魔法戦士レベル45から60になるので、個人的には、一時的に振りなおし、さっさと魔法戦士を上げてしまい、魔法スキルに振りもどすのをおすすめします


立ち回りですが、
攻撃役2人(もしくは攻撃役とレンジャー)にバイキルト、そしてピオリムを2回かけ、ガルバA以外の敵を叩きMP回復し、MP減っている人にパサーで分けます
途中でバイシオンを片方にかけて更新し、タイミングをずらしておくのも重要です
ピオリムともずれるように気を付けましょう
レンジャーの必殺が出たときは、途中で片方にバイシオンを入れてずらします

魔法戦士の必殺は「自分のMPを50%~100%回復する」、証は「攻撃したときに1/8程度の確率で与ダメージの1/10程度MP回復(上限は6)」、というもので、どこまでもPTのMP管理に特化した職業と言えますね

証はそこまで重要ではありませんが、必殺は超重要です。45になったら早急にとってください

必殺がチャージされたときは、なるべく減っている人にPTにMPパサーしてから使いましょう

これらのことをうまく行えば、PT全体でほぼ小ビンが不要になります!!!

必殺技がなかなかチャージされない場合など、きついこともありますが、基本的には元気玉の間ぐらいはMPがもちます

非常に経済的になるのは言うまでもありませんが、レンジャーや攻撃役、回復役が小ビン使用に使っていた時間をほかの行動に使えるようになるため、効率もアップします


2つほど具体例を出しますね

ex7 レンジャー、ツメ、魔法戦士、スーパースター

安定したPTです

レンジャー→てなづけるでガルバA魅了、回復、攻撃
ツメ→ガルバA以外にひたすらタイガークロー、暇なときは武闘家ならためる、盗賊なら盗むとかw
魔法戦士→ツメとレンジャーにバイキルト、全体にピオリム2回、を維持しつつ、暇なときにガルバA以外を叩きMP回復、PTにMPパサーで分ける。ガルバAしかいないときは叩くかわりにマホトラでMP吸収
スーパースター→呼ばれて出てきた敵すべてにベストスマイル、回復、暇ならガルバA以外を叩いてMP吸収

元気玉を使うなら、3セット目が30分以内に終わるか微妙なので、間に合わなさそうだったら3セット目を早めに切り上げて4セット目に行きましょう

ex8 レンジャー、ツメ、ツメ、魔法戦士

攻撃的なPTです

レンジャー→てなづけるでガルバA魅了、回復
ツメ→ガルバA以外にひたすらタイガークロー、レンジャーがてなづけている間のダメージは各自アイテムで回復
魔法戦士→ツメ2人にバイキルト、全体にピオリム2回、を維持しつつ、暇なときにガルバA以外を叩きMP回復、PTにMPパサーで分ける。ガルバAしかいないときは叩くかわりにマホトラでMP吸収、レンジャーがてなづけている間のダメージは祝福の杖で回復

回復がレンジャー以外いない分やや不安定ですが、慣れたPTならほぼレンジャーの回復だけで間に合いますし、ツメが2人いる分ex7に比べて早いです

元気玉を使うなら、上手くいけば3セット目は25分ほどで終わるので、余裕で4セット目に入れます
4セット目を途中で切り上げて、5セット目に入るのもありですね

追記!先ほども追記しましたが、レン、ツメ、パラ、魔戦のPTも十分ありです。ex7よりやや攻撃寄りでex8よりやや回復寄りでいいバランスです。パラディンはピンチの時は回復もできるし、ばくれつけんで攻撃したり、スティックでMP回復もできるので、ex8の構成では安定しない方や、ex7では元気玉で丸4セット間に合わない方、魔法戦士が必殺を覚えていないときなどに特にオススメです




最後に経験値についても詳しく書いておきますね

ガルバの経験値は743、ゴルバの経験値は744

1セットA~Lまですべて狩るとそれぞれ12匹なので

(743+744)×12=17844

4人PT時の経験値2倍ボーナスがあるので

17844×2=35688

・PTの最大レベルが~54の時…強敵ボーナス20%で35688×1.2=42826、元気玉で85651
・PTの最大レベルが55~59の時…強敵ボーナス15%で35688×1.15=41041、元気玉で82082

これをPT4人それぞれに「レベル+5」の値の比に応じて分配されます
同一レベルなら21000程度でしょうかね
3セット目をきっちり終わらせて丸4セット分できれば、元気玉1個で84000、ベストスマイルで2割増しになれば10万超えになります

実際は、スパスタ入りPTで完全4セットはなかなかできないですし、レベル差もあるでしょうから、こう単純には計算できないです


1セット10分前後、元気ありなら1セット2万程度



を目安として考えてみるといいと思います




ふ~今回もいろいろ書きました

Ver1.3でどうなるかわからないので、この記事が有効なのはあと1週間ですw
タイミング遅くなりすぎましたw

Ver1.3でガルゴルがつぶされてなければまた行ってみたいですね


ではでは!応援ぽちっと~

ドラゴンクエストX ブログランキングへ
テーマ:ドラゴンクエストⅩ
ジャンル:ゲーム
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。